Tシャツ

サイトマップ

Tシャツの黄ばみをとる方法とは

緑色のTシャツ

白いTシャツは、何度も着ているうちに黄ばんできたりするものです。これは皮脂汚れが落としきれていないことが主な原因となります。気に入っていたものが汚れてしまうとショックですが、この黄ばみは適切な洗い方をすれば、取り除くことが可能です。
黄ばみをとるとなれば、真っ先に思いつくのは漂白剤を使うことでしょう。しかし、漂白剤といっても、安易に身近なものを使ってはいけません。漂白剤には塩素系のものが多いですが、これがTシャツに残ったままだと生地に強いダメージを与えることになります。塩素系のものを使ったあとは、しっかりすすがなければなりませんが、それが不十分であるためにTシャツを劣化させてしまう可能性は高いです。そのため、塩素系ではなく、酸素系の漂白剤を探しましょう。
酸素系漂白剤ならば、そこまで強力なものではないためTシャツを傷める心配はありません。塩素系より弱めとはいえ粉末のものを選べば、皮脂汚れはかなり落とすことができます。また、お湯に浸けておくのも効果的な方法です。約50℃のお湯に浸けてから洗濯すると、皮脂汚れが溶けだしてきているのでより落としやすくなるのです。ただし、お湯といってもお風呂の残り湯は避けましょう。これに浸けてしまうと、さらに汚れが付着することになります。お湯に浸けるときは、必ずきれいなお湯を使うようにしましょう。

TOP